バスの安全への取り組みとして、助けを求める際のクラクションを鳴らす訓練と、事故想定の避難の仕方(バス後部から降りる訓練)を行いました。